yocoです☆閉店していたショップを再開致しました!!お待ちしております。


by callevenezia
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

マルタ・アルゲリッチ&リーリャ・ジルベルシュテイン ピアノデュオコンサート【後半】

c0063971_754895.jpg


日本では当たり前のように無料で配られるプログラムですが、
こちらでは有料です。(2ユーロ 中身の内容が変わるだけで、表紙はいつも同じ。。。)
プコフィエフしかわからないけど(^^ゞ
あと誰のサインがあるかわりますか~??

c0063971_8154067.jpg

裏表紙には猫が☆
スカルラッティの
「猫のフーガ」の楽譜が
描かれています!








プログラム【後半】

後半最後の曲には、この日一番聴きたいと思っていた
ラフマニノフの「2台のピアノのための幻想的絵画」op.5

その前にブラームスの「ハイドンのテーマによる2台のピアノのための変奏曲」。

この曲は丁度このコンサートのチケットを買った日に寄ったCDショップで購入した
CDに入っていて聴いていたのですが、
やはりライブというのはその一瞬にしか成し得ないアートが飛び交うんですね。
CDとは全く同じペアであるにもかかわらず、耳新しく入ってきて新鮮な演奏でした。

ここには日本のように大きなCDショップもなければ、インターネットで探して
聴きたい!と思ったらすぐになんでも手に入る環境ではありません。
このチケット購入後寄ったCDショップ、私は以前にもここでピアノデュオのCDを買っているし、
この日も一緒に購入しようかどうか迷ったラベック姉妹のCDがなんとワゴンの一番前に
鎮座しておったのです。
こんな小さなお店で、よくこんなマニアックなCD置いてあるよなぁと、
前から思ってはいたんですよね。。。

で、アルゲリッチのデュオのCDを手にレジへいくと
なぜかそこのおばちゃんがじろじろと異様に私を見るし、
にこ~っと微笑みかけたりしてきて気持ち悪い
「アルゲリッチのコンサートあるの知ってる??」と
話かけてきた。

「もちろん知ってるし、今チケットも買ったのよん☆」と答えると、
このおばちゃんもそのコンサートに行くという。
そして、私がピアノデュオが大好きなの!!と言うと、
なんとそのおばちゃんまでが「私もなのよ~!!」と言うではないか。
このコンサートの大興奮には前置きまでもあったという。
今までピアノデュオが好きだという人に「偶然」出会ったことなんてなかったし、
(当然日本でも)こんな出会いはこれから一生あるかないかという希な事で、
そしてこの日私がどんなに幸せな気持ちに包まれていたかは
同じくデュオをやっている人でなければわかってはもらえない。。。

最後のラフマニノフはもう言葉も出ませんでした。。。
今思い出しても込み上げてくるものが(○ロじゃないですよ)あります。
バルカローレなんて美しすぎて・・・
同じくリーリャとアルゲリッチのペアでやっているこの曲の動画がYOUTUBEにあがってますが、
「復活祭」の躍動感を含めても、この日の演奏は最高だったと思います!!

コンサート裏話(?)としては、
このコンサートで一番派手だったのは、演奏前に譜めくり用のいすを並べに出てきた
真っ赤なミニのワンピースのおねぇちゃんだった・・・とか
(初めこの人が譜めくりするのかと、やはりイタリアらしいな、と思ったが
結局違かった)
譜めくりの人がめくりへぐってアルゲリッチ本人がめくった時が一番緊張が走った、とか、
アルゲリッチが次の曲の自分のパートがどちらかわからず行ったりきたりしちゃったり、
リーリャの楽譜を勝手に持って移動しちゃたり、と、
かなりおちゃめな行動が見れてかわいかった♪です。
アルゲリッチは始終ご機嫌の様子でしたよ。

拍手の嵐!!の後はうれしいアンコールへ~
(スイマセン、まだ続きます。。。)

ランキングに参加しています。どうぞクリックで応援して下さいね♪


本店も携帯から買い物をお楽しみいただけるようになりました♪
QRコードを読み取るか、URLを入力してください

http://www.callevenezia.com
[PR]
by callevenezia | 2009-04-20 08:26 | コンサート、オペラ、バレエ鑑賞